私的2022年「この曲がすごい」

今年は音楽を聞くだけの精神的・時間的余裕があったので、この記事を書くことができる。
去年はだめだった。

私的2020年「この曲がすごい」
私的2019年「この曲がすごい」
私的2018年「この曲がすごい」
私的2017年「この曲がすごい」
私的2016年「この曲がすごい」

この記事は、2022年の自分に刺さった曲を紹介します。
別に2022年にリリースされた曲に限ってないので、世間的には今更なソングもあるかも。
例によって、spotifyのプレイリストにまとめてるので、そちらを見ていただいてもよろし。

フォーマットは「曲名(アーティスト名)」。

1. ロックンロールは死なない with 突然少年(春ねむり)

こういう、一度聞いたら絶対に忘れられなくなるような曲好き。
言いたいこと言うまでしっかり溜めを作って、どかーんって繰り返す感じ。すき。

2. 嘔吐(少年がミルク)

たぶん今年一番刺さった曲。すごくいい。
鎖骨の間の気道をキュッと掴まれたようなイントロから、息の詰まる星屑の中に投げ飛ばされるような感じ。
ただでさえ最初からずっといい雰囲気なのに、曲半分くらいで本題の大サビが出るの構成的にも好き。良すぎ、みんな聞いてくれ。

3. 木馬(ももすももす)

こういう、入りでハッとさせられるような曲いいよね。
最初にキャッチーなメロをぶつけておいて、曲の間ずっと「あのメロをもう一回聞かせてくれ!」という気持ちにさせる、良い。
幼い雰囲気のボーカルで押すのかと思いきや、ゴリゴリにハモってきたり、良いね〜ってかんじ。

4. 解けない界面論(CYNHN)

最高、良すぎ。
シンセとギターが混ざり合うオケがあまりにも良すぎる。
サビでいきなりアイドル曲っぽい雰囲気出してきてびっくりしてると、「あらら」で不思議な世界に引き戻される。上手。

5. 火花(レルエ)

シンセがあまりにも良すぎる。
こういうシンセサウンドとギターのミュートサウンドの組み合わせが好きなんだろうな。

6. 向日葵(manaco)

イントロのギターが入るまでの、ぐーっとためてどかーんって感じ、好み。
こういうピアノとギターがバトンを渡し合うようなオケの構成が好きなのかもしれない。

7. 青春なんていらないわ(三月のパンタシア)

三月のパンタシア、良いよね。
この曲以外にも、SpotifyでたくさんLIKEをつけてる曲がある。
ギターとピアノがかっこよければそれだけで良いのに、ボーカルの声が良いので役満。

8. カフェオレ(MINT mate box)

MINT mate boxは良すぎるんだよな、あまりにも良すぎる。
メロが良い、声が良い、歌詞が良い。
最近はVtuberとかの配信を見ることが多いんだけど、推しのVにはこの曲を歌ってほしい、そんな曲。

9. いい感じ!~どれにしようかな~(ふぇのたす)

良い感じ、とっても良い感じ。
キャッチーなのはとってもとっても良い感じ。

10. 救われ枡(ポップしなないで)

ずっと好きなんだよな、ポップしなないで。
これは特に一緒に歌いたくなるような曲調で、すごく良い。
サビで声が下がるのが新鮮ですごく良い、本当に良い。

11. やれよ。(Charisma.com)

右足でリズム取りたくなる感じ、良い。
頭に残るフレーズをがんがん繰り返してゴリ押しするの、好き。

12. HERO(SHACHI)

聞いていてすごく気持ちが良い。
ヨギボーとかに沈みながら大音量で流してぼーっとしたい。

13. lilithpride (KAQRIYOTERROR)

サビへの持っていき方がすごく好き。
自分が好きなフレーズころがしのパターンみたいなのがあると思うんだけど、そのツボをぐっと抑えられてる感じ。
作業中に聞いてると、サビに入るところで絶対に手が止まって頭が動いてしまう感じ。

14. ペリカン(THERE THERE THERES)

これすごく良い。
イントロのふわふわした感じと、絶対に忘れられないペリカン。
天テレとかで不意に流れる超当たり曲みたいな雰囲気。
こういうのがUSENとかでふと流れて、いつまでも見つけられなくて苦労するんだよな。

15. バニラ(蒼山幸子)

メリハリがあるようで、淡々としているようで、流れるようで、不思議な透明感がある曲。
楽器とボーカルが同じ音価で対等に歌い合ってる感じ、すごく良い。

16. Show me your love (kolme)

同じテーマをずっと繰り返す曲、すごく好き。
イントロと同じテーマがサビの後ろで流れてるのがまず好きなんだろうな。

17. タイムマシンに乗るから(cadode)

cadodeも何年も好き好き言ってるな。
自分にとって、気持ちのいい音の運びをずっと続けてくれるから何も負荷を感じずに聞き続けられる。

18. 花弁(クレナズム)

入りがもう良いよね、ふと目があった影のある異性がつかつかと寄ってきて、これから重い話されそうだぞ、っていう予感がある。
静かに話し始めたかと思ったら、サビでどーんと声を張り上げてくる感じ。
無い記憶が蘇るような曲は良い。

19. Beautiful Lie (SECONDWALL)

こういうポップスが好きなんだよな。
なんかいろんな楽器が色んな所で鳴ってて、分厚い音をかき分けて女性ボーカルの高音が抜けて、なんかキラキラしてて。

20. ザ・クレーター(集団行動)

なんか良くわからないけど、歌詞がすごく聞こえてくる。
そもそものメロが良いのと、歌詞の乗りが良いんだと思う。
歌詞が浮いてるわけでもないのにちゃんと歌詞が聞こえてくる曲って、すごく魅力的だと思う。

21. 無題合唱(ぜんぶ君のせいだ。)

こういうアイドルソングが好き。
歪ませたギターのパームミュートでドドドドって刻むのがそもそも好きだけど、こういう明るい雰囲気に乗せられるともっと好き。

22. ドンガラガッシャンバーン(みるきーうぇい)

こういう曲も年に一曲くらいぶっ刺さる。そういうスロットみたいなのが心にあるんだろうな。
ドンガラガッシャンバーンバーンって言うんだよな。

23. 17才(アイドルネッサンス)

wow wow, a ah.

私的2022年「この曲がすごい」」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です