私的2018年「この曲がすごい」

年末恒例、私的「この曲がすごい」をやっていきます。

2016年のやつ

2017年のやつ

この記事では、僕が2018年にすごいと思った曲をがんがん貼り付けて語っていきます。
ルールとして、2018年にリリースされた曲に限定していなくて、ただ今年僕がいいなと思った曲を語る記事になります。
紹介するフォーマットとして「アーティスト名/曲名」を用います。
また自分のツイッターを1月からみながら記事を作るので、順番はツイートした日が古い順になります。

張り切ってまいりましょう。

 

夜の本気ダンス/WHERE?

多分去年から聞いてたと思うんだけど、良かった。
バンドサウンド好きだし、グルーヴあるの好きだし、ボーカルも際立ってて好き。

どちらかと言うとこっちももっと好き。
夜の本気ダンス/By My Size

 

サイダーガール/メランコリー

すごくよかった。
初っ端にガツンとキャッチーなフレーズをぶつけるのは、簡単なようで難しいし、声とメロディーとリリックがしっかり練られててとても良い。

2018年一番元気になる曲だったと思う。
ドラムもギターもベースもボーカルもご機嫌でとてもいい。ほんといい。

あと女の子が可愛い。

上坂すみれ/POP TEAM EPIC

いやマジで良かった。
でもテレビのOP版の方が音圧エグくて好きだった。
全体的にタメが心地よい。
聞いていると自然に首が縦ノリするし、くるぞ!ってところでは必ずタメがあるので聴きやすい。すごい。

 

vivid undress/さよならジレンマ

2018年の一番ヒットはvivid undressだった。
もう全部好きってなった。
女性ボーカルの声も好きだし、曲風も好きだし。

やっぱり女性ボーカルがサビで、適正音域でガンガンに叫んでる曲が好きなんだと思う。

あとvivid undressは楽器隊もすごく上手で、テクニックが詰め込まれたいい曲が多い。
全体的にグサグサ刺さるので好きです。

他にも以下の曲が刺さりました。

vivid undress/シーラカンスダンス

 

vivid undress/生きて生きて

 

 

水曜日のカンパネラ/桃太郎

おっかしいなあ、去年聞いたときはそこまで刺さらなかったんだけどなあ。

今年はすごく刺さった。良かった。
こういう嗜好の変化が感じられるので尖った曲は良い。
その瞬間の心の形にバッチリ嵌る曲ってのはある程度エッジが効いてる必要あるんだなあと再認識した。

サビまでのもったり感をシュールな歌詞でいい意味でごまかして、なんだったんだって思ってるうちにサビがどかーんってくるのが良い。

 

ニガミ17才/ただし、BGM

癖が強い。好き。
ボーカルの汚さを最大限にコンテンツにしてるのがすごい。
謎の中毒性があって、1ヶ月くらいずっと聞いてた。

僕のツイッターによると、私的上半期トップらしい。
それくらい楽しい曲。

こっちもぜひ聞いてほしい。

ニガミ17才/化けるレコード

 

Ghost like girlfriend/fallin’

はい気持ちいい。
何がくるんだろうって言う入りと、歌い出しの気持ち良さ、ギターの綺麗さが良い。
上でも書いたけど、1オクターブ差のボーカルが好き。
あと動画がおしゃれ。

 

大森靖子/非国民的ヒーロー feat. の子

これも元気になる曲。カラオケで歌いたい。
やばいねーちゃんとやばいにーちゃんがやばい曲歌ってるのすごくいい。

どうでもいいけど、大森靖子もの子も知り合いに顔が似てるのでウケるなって思いながら見てる。

 

ビレッジマンズストア/逃げてくあの娘にゃ聴こえない

120点。大好き。
ろけんろーだろけんろーが通るぞ!って感じで本当に好き。
全員100回聞いてほしい。

自分の居場所を思い出させてくれるいい曲。

 

バスピエ/とおりゃんせ

バスピエも良かったなあ。
ドラムがどこどこしててリズミカルだし、ギターはぴろぴろしてておしゃれだし、ベースはちゃんと仕事しててまとまってるし、ボーカルはありがちだけどしっかりはまってて良い。良いが良い。

見せ方がわかってるグループは本当に良い。素晴らしい。

 

tofubeats/WHAT YOU GOT

tofubeats、2018年は外せない。
うわーすげえってかんじ。
特段華があるわけでもないのに、気持ちいいがずっと提供される。

すごく上手な指圧を受けてる気分になる。

夜に聴くとまた明日も仕事頑張ろうってなる。無職だけど。

 

カラスは真っ白/fake!fake!

よかった。
可愛らしいボーカルでわちゃわちゃするのは良い。
昔聞いてた曲の影響でどうしても相対性理論っぽいっていうレビューをしがちなんだけど、これは決してネタ被りしているとかそう言う意味ではなく、そのボーカルをしっかり活かせていてすごい、という意味。

 

ORESAMA/ドラマチック

よかった。

べったりと塗った絵の具のうえに丁寧に宝石を置いていくような気持ち良さがあった。

 

sumika/ふっかつのじゅもん

王道の良さ、カラオケで歌いたい。

サビに吹き抜ける疾走感が良い。

 

Mili/RTRT

良い。
可愛いと不気味が良い。
チャイナっぽい雰囲気だけど日本人が言ってそうな英語発音で、いろいろとわちゃわちゃしてて良い。

 

REOL/drop pop candy

また女性が良い感じに喉を鳴らしてる曲。
こういう鼻にかかった声も好き。せくしー。

当たり前だけど、歌い手ってかんじのアングラ感というか、サブカル感というか、2000年代の雑踏が一生心に突き刺さって抜けないまま僕は生きていくんだろうなあと認識した。

これを思い出した。

 

ころんばイワシがつちからはえてくるんだ

なんだこれは。俺もやりたいぞ。

 

never young beach/明るい未来

好き。

youtubeのコメントに「デートの前に聞きたい」ってあって、それだー!!!!って声をあげて共感した。

 

NakamuraEmi/YAMABIKO

こういう女性ボーカル本当に好きで、条件反射でツイートしてる節がある。
アコギ一本でじゃかじゃか弾き語るのは本当に夢で、東京に戻ってきたら安いアコギ一本買って練習したいなって思ってる。
そういう気持ちにさせてくれる、元気が出る。

 

MOROHA/革命

MOROHA、本当にヤバい。事件だと思います

飲み込むのに3日くらいかかった。
本当にすごい。やばいとしか言いようがない。

とりあえず聞いてほしいし、苦手ならまた明日聞いてほしい。

それでも苦手なら、こっちの曲から入ってほしい。

MOROHA/それいけ!フライヤーマン

とりあえず聞いてほしい。すごい。

私的2018年「この曲がすごい」」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です